アディダスとプーマの歴史

ゴルフトリビア

ドイツ人兄弟、ルドルフ(兄)とアドルフ(弟)が起こした靴屋さん「ダスラー兄弟商会」が1920年に誕生しました。

アスリート専門の靴で成功を収めた後、方向性の違いから二人は袂を分かち、弟のアドルフが出ていきます。

アディダスは弟が

弟のアドルフは自分の愛称「アディ(adi)」に姓のダスラーから「ダス(das)」を組み合わせて自分のオリジナルブランド「アディダス(adidas)」を起こしました。1948年のことです。

アディダスとして最初に開発されたスポーツシューズの時からアディダスのシンボル「三本線(スリーストライプ)」がデザインに施されました。

その後、アディダスのスポーツシューズを履いたアスリートたちは、サッカー ワールドカップやオリンピックで大活躍し、アディダスの名声が一気に世界中に知れ渡ることになりました。

プーマは兄が

一方、弟が出ていった直後に兄のルドルフも新しいブランド「ルーダ」を起こします。

やはりそこが兄弟なんでしょうか、「ルーダ」というブランド名も自分の愛称から命名しています。

しかし、あまり気に入らなくて翌年、「プーマ(PUMA)」に変更。

プーマは多くのオリンピック選手が中心に履き、多くのオリンピアンが誕生。

弟のアディダスに負けじとも劣らない人気を博します。

その後、アディダスと同じようにサッカー ワールドカップでペレやヨハンクライフなどスター選手が愛用し、「サッカーシューズならプーマ」のブランドを確立しました。

ドイツ製品は質実剛健

それにしても、ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、ポルシェ、アウディ、オペル、マイバッハ…etc。

ため息が出るほどドイツ人が作るモノは、実に質実剛健でいつまでも変わらぬ足回りのよい名品を作りますよね。

タイトルとURLをコピーしました