軽量 キャディバッグ⛳最新モデル紹介

軽量 キャディバッグから超軽量キャディバッグまで全ゴルフ ブランド紹介。軽量 キャディバッグ ランキング。タイトリスト、キャロウェイ、テーラーメイド、PUMA、パーリーゲイツ、PING、ミズノ、FIDRA、ツアーステージ、アディダス、。旅行用スーツケースも紹介。

*

フォーティーン キャディバッグ CB0311 / CB0312~ツアーモデルの紹介(FOURTEEN Caddiebag)

   

キャディバッグに入るクラブの数は、14本。それがFOURTEENのはじまり。

フォーティーンはクラブの製造からはじまり、キャディバッグ、ボストンバッグ、キャップ、グローブ、タオル、アンブレラetc…ゴルフまわりを網羅する世界に誇る日本の総合ブランドです。

世界を制するゴルフクラブが良質な製品を供給する

ゴルフクラブといえば1970年代までは、世界3大メーカーのタイトリスト(1962年)、キャロウェイ ゴルフ(1982年)、テーラーメイド ゴルフ(1979年)をはじめ、マクレガー ゴルフ(1897年)、ウィルソン(1914年)、PING(1961年)、 クリーブランド ゴルフ(1979年)などアメリカ製で占められていました。

※( )内の最初の数字は、ゴルフクラブ製造開始年

GX77DX / 5番アイアン / DAIWA(ダイワHPより)

日本勢のメーカーでは、なんと1933年にミズノが日本最初のアイアンセット「スターライン」を発売していて、その後約40年の時を経て1972年にダイワから「GX77DX」が発売され、10年後の1983年にようやくブリヂストンから「アルタスMSP」、ヤマハから「ST30」「FD-20」「IMAGE」の3種が発売されました。

ツアートーナメント / ミズノ(ミズノHPより)

こうして1980年代には、日米のゴルフメーカーが群雄闊歩する時代を迎えます。そんななか1987年の全米オープンで、スコット・シンプソンが優勝します。そのとき彼が使用したクラブが「ヤマハFX-25アイアンセット」。その後、このセットをフォーティーン社がデザインしていたこと、また2002年の全英オープンでアーニー・エルスがフォーティーンの「HI-858 アイアン型ユーティリティ」を使用して優勝したことで、世界中のツアープロの知れるところとなりました。

HI-858 アイアン型ユーティリティ / 3番アイアン / フォーティーン

FOURTEEN キャディバッグ ツアーモデル CB0311(2019年モデル)

日本人によるフォーティーンのキャディバッグには匠の工夫が活かされてます。

■5.0kg/9.5型/47インチ/6分割(カート)軽量

価格帯:46,300円~48,000円

FOURTEEN ツアーモデル CB0311(2019年モデル)>> amazon
FOURTEEN ツアーモデル CB0311(2019年モデル)>> 楽天
CB0311 ●ホワイト&ブラック

FOURTEEN キャディバッグ ツアーモデル CB0310(2018年モデル)

2018年モデルも変わらぬ人気があります。

■4.9kg/9.5型/47インチ/6分割(カート)軽量

価格帯:43,000円~46,000円

FOURTEEN ツアーモデル CB0311(2019年モデル)>> 楽天

FOURTEEN ツアーモデル CB0310(2018年モデル)>> amazon
CB0310 ●ホワイト&ブラック

 - フォーティーン(ツアーモデル) , , , , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした