フォーティーン 軽量キャディバッグ CB0107(2018年モデル)| カートバッグ

カート(軽量)

2018年モデルですが、フォーティーンのなかではちょっと珍しいとてもカラフルでカジュアルなデザインの軽量キャディバッグです。


- - - - - P R - - - - -
いつでもどこでも、COVID-19対策。
ポケット除菌ジェル 》
(消毒アルコール 50ml 6本セット)


FOURTEEN CB0107 | Lightweight Cart Bag

カラーバリエーションは5色ですが、ネイビー、モスグリーン、チャコールグレーは販売終了しています。(ワインレッド、オレンジは在庫限り)

ショルダーストラップを収納できるサイドポケット、開閉が楽なFIDLOCK社製バックルを採用した正面ポケット。さらに正面ポケットの内側にティー専用の小さなポケットを装備。

2.5kg9型4分割
47インチ対応ポリエステルセパレーター内蔵

最安値目安:25,500円(税送料込)

ショップをチェック!
写真はネイビーですが販売終了しています

✑ 編集後記 | キャディバッグの買い替え周期

このサイトでいろんなキャディバッグを紹介していますが、2018年モデルでもまだ販売しているものを見つけるとなんだかちょっと嬉しい気分になります。

キャディバッグの買い替え周期はほぼラウンドする回数と正比例しています(まあ、使用頻度によるという当たり前の話ですが…)。

月イチペースのゴルファーなら4~5年に一度、月2回ペースのゴルファーなら2~3年に一度くらい。アスリート並みの毎週ラウンドとなれば、1~2年に一度は買い替えているようです。

そこにファッションの着せ替え感覚が加わると毎年買い替えるといった猛者もいたりします。ゴルフクラブメーカーとキャディバッグを同じメーカーに揃えていたりするゴルファーはクラブの買い替えと同時にバッグを変えたりします。

買い替えの動機で一番多いのが三人に一人は「古くなってきた」と感じた時だそうです。

そして半数以上のゴルファーはキャディバッグを買うときに「好みのデザインであること」を決め手としてるのはすごくわかる気がします。「軽さを重視」が次点にきてます。

タイトルとURLをコピーしました