カートタイプ とは、スタンドタイプとは(キャディバッグのタイプと選び方)

キャディバッグ 選び方

キャディバッグのタイプは大きく分けて2つ、カートタイプとスタンドタイプです。さらにカートタイプにキャスター付きがあります。

🏌カートタイプとは

一般的にキャディバッグといえば、カートタイプのことです。 ゴルフ場のカートに乗せて運べることから英語では”Golf Cart Bag”と呼んでます。軽量なものは2kg台から重いものは5kg超えまで、多くの種類が販売されてます。

おすすめのキャディバッグ(カートタイプ)

キャディバッグを乗せてるカート後ろの荷台は移動中、激しく揺れることがありますが、最近のキャディバッグはヘビーデューティーにしっかり作られてるので、自由に好きなデザインやブランドを選んでもOKです。

重さや口枠の目安を参考にしてください。

🏌重さの目安 | メンズは 3kg台、レディースは 2kg台

シングルプレーヤーなどが好んで使う「ツアータイプ(プロ仕様)」は 4kg以上と重いので、3kg台のキャディバッグがおすすめです。

3kg台でもツアータイプに準ずるほどのクオリティ高いキャディバッグもたくさんあります。

女性には2kg台の軽量タイプも各メーカーで多く揃えてます。

🏌口枠の目安 | 9型~9.5型

できるだけ大口径の9型~9.5型がおすすめです。クラブの抜き差しがとても楽ですから。

8.5型とか、5分割とかについてはこちらの記事で詳しく解説 》

🏌分割数の目安 | 5~6分割

私の個人的な経験では、5分割~6分割が使いやすいかと。

口枠の目安と同様の理由で、クラブの抜き差しが楽です。

なかには14本のクラブすべてを1本づつ分割できる「14分割」のキャディバッグも売ってますが、「1本づつ」の抜き差しって意外と面倒だったりします。

ただ、ゴルフのプレイスタイルは個人差、個性がはっきり出る競技なので「14分割」が合ってる人もいますので、購入前にゴルフショップで実物を確かめてみてくださいね。

14分割のキャディバッグ ogioの記事 》

タイトリスト スタッフバッグ TB7SF9-BKRD

例えば、トーナメントで実際にツアープロが使用するキャディバッグと同等の機能性を持つスタッフバッグ。

TB7SF9 ■5.2kg/9.5型(47インチ対応)/口枠 6分割/PUレザー

価格帯:33,000円~40,000円

●ブラック&レッド
■口枠:6分割(内側ボア仕様)
■貴重品ポケット(ハンドル側) ■フルオープンポケット(ハンドル側)
■貴重品ポケット  ■ドリンクホルダー(ハンドル側)
■タオル用リング(ハンドル側)  ■アンブレラホルダー

タイトリストのスタッフバッグを持てば、スーパープレイも夢じゃない。

タイトリスト キャディバッグ 》 Victoria Golf

⛳スタンドタイプとは

スタンドタイプはキャディバッグを斜めに立てかけられます。ゴルフ場でのセルフプレイやショートコース、 練習場向きですが、通常のゴルフコースでも旅行先などフルセット(クラブ14本)を持ち込まないラウンドに程よい大きさです。

収納箇所も一通りあるので、ゴルフクラブ10本だけ入れて普通にカートに積んでラウンドしてる方もいたりします。

⛳おすすめのスタンドキャディバッグ

ほとんどのスタンドキャディバッグの重さは 2kg台と軽量設計なので口枠の分割数は4分割が主流ですが、口径は9型もあり、けっこう選べます。

タイトリスト 小型スタンドバッグ CBS76-BK

例えば、タイトリストで最も人気のある代表的な タイトリスト 小型スタンドバッグ CBS76-BK

CBS76 ■2.7kg/7.5型(47インチ対応)/口枠 4分割/ポリエステル素材

価格帯:12,000円~13,500円

タイトリストのスタンドキャディバッグ、最大の特徴は「ダブルショルダー」。

セルフプレイ

ゴルファーの使い勝手を最大限機能化するとこうなった、というわけです。

●ブラック
●グレー  ●ネイビー
■口枠:4分割  ■サイドポケット
■小物ポケット(ハンドル側)  ■フルオープンポケット(ハンドル側)
Arnold Palmer’s Bay Hill Club & Lodge
genesis open_riviera golf
wgc_mexico_championship
masters_augusta

↑ TOPへ戻る ↑
 

タイトルとURLをコピーしました