軽量 キャディバッグ、超軽量キャディバッグ〜アディダス、タイトリスト

軽量 キャディバッグ、超軽量キャディバッグ~軽量 キャディバッグ ランキング。アディダス、タイトリスト、キャロウェイ、プーマ、パーリーゲイツ、ボーケイ、テーラーメイド、ナイキ、オークリー、ミズノ、ツアーステージ、ディアマナ。キャリーケース/スーツケースも紹介。

*

パーリーゲイツ キャディバッグ(カートタイプ)

      2018/04/24

 
パーリーゲイツ キャディバッグ。

ここ数年の間で、たぶん一番人気のあるブランドになったパーリーゲイツ。キャディバッグはもちろん、今ウェア含めゴルフブランドの中でも一際クールです。

現在販売されているパーリーゲイツ キャディバッグは、10種類以上。パーリーゲイツのキャディバックは、ユニセックスなのでメンズ、レディースを気にせずにデザイン優先で選べるのがいいところ。レディースにおすすめなのは、4kg未満の軽いキャディバッグですね。

パーリーゲイツには、❶パーリーゲイツ ❷マスターバニー エディション ❸ジャックバニー! と3つのブランドがあります。

pearlygates-wear&caddiebag

❶パーリーゲイツ


 

master bunny edition-wear

❷マスターバニー エディション


 

jackbunny-wear

❸ジャックバニー


 
8.5型とか、47インチとか、5分割などについての解説はこちら >>

パーリーゲイツ キャディバッグ レディース おすすめ(カートタイプ)

■8.5型 口枠6分割 3.9kg 2016年モデル
パーリーゲイツの現行エナメルモデル。マスターバニーエディション エナメルモデルに比べて少し抑えめのデザイン。口枠がボアなので、クラブに優しいです。
パーリーゲイツ スマイル 89 エナメル キャディバッグ >>



価格帯:48,600円/口径:8.5型/46インチ対応/口枠:6分割/重量:3.9kg/全3色:●ネイビー ●ピンク ●ホワイト・グリーン

 

パーリーゲイツ キャディバッグ メンズ おすすめ(カートタイプ)

■9.5型 口枠分割 kg 2018年モデル(カートタイプ)
紹介文
パーリーゲイツ キャディバッグ トリコロール ボーダー柄 ツアーモデル >>

写真


写真


写真
価格帯:66.960円
口径:9型/46インチ対応/口枠:6分割/重量:4.8kg/全1色:●トリコロール

 

■9型 口枠6分割 4.4kg 2016年モデル
片意地張った通常のトーナメント キャディバッグと違い、大人かっこいいの口コミも多いカジュアルの中にも気品のある飽きないデザイン。シンプルな見た目とは反面、練習場でもゴルフ場でもその存在感で目立ちます。
パーリーゲイツ トーナメント キャディバッグ >>




価格帯:69,120円/口径:9型/47インチ対応/口枠:6分割/重量:4.4kg/全1色:●ブラック

 

■8.5型 口枠6分割 4.8kg 2017年モデル(カートタイプ)
パーリーゲイツの限定タータンチェック キャディバッグ。クラブに優しいボア口枠。セパレータ内臓モデルでクラブが絡まない。
パーリーゲイツ 軽量キャディバッグ ツアーモデル タータンチェック 053-7280001 >>





価格帯:66,960円/口径:8.5型/47インチ対応/口枠:6分割/重量:4.8kg/全2色:●ブルー ●レッド

 

 

↑ 記事TOP ■ Indexへ戻る ↑

パーリーゲイツ 豆知識

パーリーゲイツって、どこの国のブランド?

 パーリーゲイツ。今やおしゃれゴルフの代名詞です。アメリカのブランドと思ってる方が多いようですが、パーリーゲイツ、実は純国産、Yes!日本のオリジナルブランドなんです。
 メンズ・レディースのアパレル会社で1987年に生まれたパーリーゲイツも今年で30周年を迎えました!おめでとー(パチパチパチ♫~)

 世界三大ゴルフブランドと比べても1987年という創業年代は意外と古いんです。ゴルフボールのメーカーから始まったタイトリストだけはちょっと別格の1932年生まれの85周年目。ゴルフクラブのメーカーとして始まったテーラーメイドが1979年(38周年目)、キャロウェイは1982年(35周年目)の創業ですから。

 ちなみパーリーゲイツを擁する会社(TSIグルーヴアンドスポーツ)は、キャロウェイアパレルのライセンス販売もしてるんです。アメリカにも認められてるブランド、パーリーゲイツということなんでしょうね。


 
パーリーゲイツ、ブランドロゴマークの由来

パーリーゲイツのブランドロゴ、ウサギです。しかも羽が生えてます。

問❶ なぜ、ウサギなのかしら?

 現代のアメリカPGAツアーのシードは、年間賞金ランキング上位150位まで与えられますが、1970年代の頃は60位までで、シード権のない選手は毎週月曜日に行われる予選会を突破しないと本戦に出場できませんでした。つまり、プロゴルファーとは言え、本戦の決勝に残らないと賞金が出ない!のです。

 広いアメリカ大陸を毎週毎週本戦出場を目指して転戦する様を見て、人々はいつしか彼らのことを『ラビットのように飛び回ってるプレーヤーだ』と揶揄するようになったのです。パーリーゲイツは、その頑張ってるラビットを応援する、そして初心の姿を忘れない意味でもブランドマークに選んだんでしょうね。
 PGAのホームページで、「ラビット」からトッププレーヤーへと昇華した感動的な黒人プロゴルファーの記事が紹介されてます。
 ↓
カルビン・ピート(Calvin Peete)、奇跡のような人生

問❷ じゃ、ウサギに生えてる羽の意味は?
 ずばり、ブランド名から来ています。”Pearly Gates” を直訳すると「真珠の扉」ですが、キリスト教国では「天国への扉」という意味で使われてます。天国→天使→天使の羽、というわけですね。

それでは、Have a nice shot !
 
↑ 記事TOP ■ Indexへ戻る ↑
 
 

 - パーリーゲイツ キャディバッグ , , , , , , , , , , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした